1. HOME
  2. 浮気不倫不倫から結婚したい!不倫関係の後に略奪婚を成功させて幸せになる方法

浮気不倫

2017年05月09日

不倫から結婚したい!不倫関係の後に略奪婚を成功させて幸せになる方法


結婚

既婚者と恋愛関係にある人は、いずれは相手に配偶者と別れてもらって、結婚したいと思っている人が少なくないでしょう。離婚は大変なことなので、なかなかうまくいかず辛い思いをする人も多いはず。どうすれば、略奪婚を成功させて幸せになることができるのでしょうか。ここでは、不倫関係後に結婚することについて考えてみましょう。

不倫から結婚はできる?

実際に不倫から結婚ができるかどうかというと、多くの場合は、結婚には至らないカップルの方が多いようです。元々双方ともに結婚は望んでいなかったということや、どちらかが結婚をまったく考えていなかったことなど、パターンはさまざまです。

しかし、実際に不倫から結婚をしているカップルも、もちろんいます。そういう方々には、最初からお互い真面目な交際だと思っていたパターンと、最初は遊びだったにも関わらず、どんどん本気になってしまったというパターンがあります。つまり、今不倫相手が、結婚に積極的ではなく、結婚は無理そうだったとしても、チャンスはあるということです。

確かに、不倫から結婚というのは、少々難易度が高いもの。結婚するには、既婚者側は離婚をしなければならないからです。そして、離婚という行為は、場合によってはかなりの労力と時間が必要です。とはいえ、実際に結婚している元不倫カップルもいるのが事実。結婚できる不倫カップルと、結婚できない不倫カップルにはどんな違いがあるのでしょうか。それには、不倫関係でつきあっていたときの、結婚を望んでいる側の態度にあるようです。

こんな行動は絶対NG!

まずは、不倫関係後に結婚をしたいと思っているなら、絶対にしてはいけない行動からお話していきます。こういった行動をすると、不倫相手のあなたへの気持ちが冷めて行きやすいようです。

結婚や将来の話

まず、相手との結婚を望むなら、逆に結婚の話をするのはNGです。向こうから言われているわけではなければ、自分から結婚について口にするのはやめておきましょう。また、将来のことについても、あまり話題にしない方がいいでしょう。

今現時点で、相手が結婚を全く望んでいない場合、そういった話はかなりの負担になってしまうからです。「結婚がしたい」と思うと、どうしても相手に、結婚についてどう思っているのか訊きたくなるものですが、そこはぐっと我慢をしてください。あまり結婚や将来の話をしすぎると、相手に重いと思われて、別れを切り出される原因になります。

また、男性が既婚者で、独身女性と不倫をしているというパターンでは、女性をつなぎとめるために、いずれは離婚をして結婚したいということを言うかもしれません。特に、不倫関係がはじまって3ヶ月から半年くらいは、そういった言葉を言いやすい時期なので、その時期に結婚の話をされてもしばらくは様子をみましょう。離婚すると言っているにも限らず、全くそういった気配がない場合は、そもそも相手に離婚の意思はないと思っていいでしょう。そのタイミングでは、自分から結婚を迫るのはタブー行動です。

家族のことを訊く

相手の家族についても、自分からは何も訊かない方がいいでしょう。家族のことをアレコレききすぎると、配偶者との仲や家族関係がうまくいっているかどうかといったところを詮索しようとしているように感じさせます。また、不倫をしている間は、家族のことはあまり考えたくないものでもあります。思わぬところで、家族への罪悪感を感じさせてしまい、その結果家族の元に戻ってしまうなんてことにもなりかねません。相手の方が、自分から家族について話してくる分には聞いてあげると良いのですが、自分から話題はふらないようにしてください。

プライベートについての詮索

自分と会っている時間以外の時間に、相手が何をしているかというところを詮索するのもやめておきましょう。そういったことは、すでに相手の配偶者がしているかもしれません。それにうんざりして離婚を考えるようなこともあるのですが、あなたの方まで同じことをしてしまうと、あなたに疲れて別れたくなってしまうでしょう。詮索グセは、何も良いことにならないのです。

相手の離婚後に幸せな結婚をするために

不倫相手と結婚をしたいと思うのなら、上記に挙げたような行動は避けなければなりません。しかし、タブー行動だけわかっても、どうすれば結婚にたどり着けるかまではわかりませんよね。相手と結婚するために、どういったことを心がければ良いかをまとめてみました。

その関係がいつまでかということを決める

不倫でありがちなのは、ずるずると関係を続けてしまうことです。しかし、結婚をしたいと思うなら、ずるずる続けていてはいけません。なぜなら、長期間不倫関係にあると、相手はあなたが不倫の関係のままでも、ずっとつきあってくれると思ってしまうからです。ですから、不倫関係の先に結婚を望むなら、いつまでがんばるのかを決めましょう。

一緒にいるときは幸せでいる

不倫は、時としてつらいものです。しかし、そういった顔を見せていては、相手もあなたとずっと一緒に痛いとは思ってくれませんよね。いつも暗い顔をしていては、あなたと会うことすら負担になってしまうでしょう。ですから、相手との時間は思う存分楽しみ、いつも幸せな気分でいられるようにしてください。笑顔をたくさん見せるというのも重要です。

相手のことも幸せにしたいという気持ちでいれば、二人の時間に相手のことを詮索したり、なかなか進展しない関係にイライラして態度が悪くなるようなこともなくなります。二人の時間を楽しむことができれば、相手の方もあなたと一緒にいたいという気持ちが大きくなるでしょう。あなたとの結婚後の生活が想像できるからです。もしも、家庭で配偶者との仲が冷え切っているなら、なおさらそういった方向に気持ちが傾きやすいでしょう。

第三者に相談してみる

相手との結婚の未来がどうしても見えない場合は、前向きなアドバイスをくれそうな第三者への相談がおすすめです。人は自分に関することには、ネガティブになりやすいので、不倫関係にある場合は相手との結婚が想像できなくて、当たり前なのです。しかし、客観的に見れる第三者なら違います。状況を冷静に判断して、本当に結婚の見込みがないのか、結婚するためにはどうしたらいいのかという点について、分析することができるでしょう。相談相手には、あまり感情的にならないタイプの方がおすすめです。感情的な人は、なかなか冷静な意見を言うことが難しいからです。

▼ おすすめ関連記事
不倫の悩みを相談したいけど…誰にも言えない悩みを話す相手の選び方

結婚後の幸せなイメージを常にしておくこと

スポーツ選手なども、試合の前には勝った自分をイメージすることがあるというのを聞いたことがないでしょうか。それと同じように、すでに結婚して幸せな生活をしている自分をイメージすることで、よりその現実に近づくことができます。毎日のように、すでに結婚して相手と一緒に暮らしているようなイメージをして、気分を高めておきましょう。自分がるんるん楽しい気分になれるのなら、妄想でもいいのです。そういった楽しい気分が相手に伝わって、案外すんなり結婚できるようになったりします。

結婚後も幸せを持続させるために

最後に、不倫関係の後で略奪婚をしたときの問題点や注意しておく点についてお話します。相手が離婚をしているということは、その際に財産分与や子供がいるなら養育費を払い続けるという問題が浮上します。不倫がバレてしまっているような場合は、慰謝料が必要になることも多いでしょう。

とても裕福な人なら別ですが、そういったこともあって、結婚後の生活は今までよりも質素なものになるかもしれません。そういった面で覚悟を持って、結婚を目指してください。もしも、不倫がバレているなら、あなた自身も相手の元配偶者に慰謝料を払う必要がでてきます。つまり、結婚できたからといって、すぐに家庭に入るということは難しくなるのです。

また、不倫を一度している人は、二度目があるかもしれないということも心配ですよね。しかし、これについては、心配しすぎると逆に本当に不倫をしてしまうなんてことも・・・ですから、あまり心配しすぎず、一緒にいて楽しいあなたのままでいられるように心がけましょう。そうすることで、相手がいつまでもあなたに夢中でいてくれるようになり、他の人に心変わりしづらくなるのです。

まとめ

不倫からの結婚というのは、なかなか難易度が高いことです。しかし、不可能ではありませんから、ここで紹介したようなことや、他人からのアドバイスなどを参考にして、じっくりと結婚を目指していきましょう。自分で決めた期間内なら、焦りは禁物です。

▼ おすすめ関連記事
略奪愛を成功させたい!不倫相手の彼を奥さんから略奪するテクニック

▼ おすすめ関連記事
本気の不倫で相手が離婚しないのはなぜ?彼を不倫から離婚させる方法

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.