1. HOME
  2. 浮気不倫不倫の恋愛で悩む人にしかわからない!辛い不倫の恋のあるあるとは

浮気不倫

2017年05月08日

不倫の恋愛で悩む人にしかわからない!辛い不倫の恋のあるあるとは


悩む女性

不倫の恋愛は辛いですね。その成就を願うことがそのまま他人の不幸を願うことになってしまうのです。ただ好きなだけなのに罪悪感を感じてしまう。それが不倫の恋です。不倫をしている人も、別に他人に不幸になってほしい訳ではないのです。だから悩んで苦しむことになる。不倫の恋には不倫だからこその辛い「あるある」がいっぱいです。

駄目と思っても惹かれる心は止められない。そんな不倫あるあるを見て、同じ境遇の人が他にもいるんだと思ったなら、少しだけ安心感を得ることができるのではないでしょうか。パートナーのいる相手に恋をしてしまった苦しみを紛らわせながら、「あるある」とうなずいてみてください。少し元気が出たら、複雑に絡み合った自分の恋愛模様を見つめ直してみましょう。

不倫の恋は障害ばかり

不倫の恋は必ず相手にすでにパートナーがいます。最初から恋が成就するには大きな障害が立ちふさがっているのです。あきらめることができるなら簡単ですが、ままならないのが人の心。好きになってしまったら自分を愛してほしいと思ってしまうのもまた当然です。しかし、自分の恋のためにすでに幸せな恋人同士を引き裂くようなことをすれば、その代償は必ず自分に跳ね返ります。それがわかっているからこそ、悩んでしまうのが不倫の恋なのです。

だいたいにおいて不倫の恋は1人で悩んでしまうことで状態が悪化しがちです。ただでさえ関係を続けるのも難しいのに、追い詰められることで、視野が狭くなってしまうのです。親しい人に相談しにくい場合には、全く自分を知らない第3者に思い切って相談してみるのも1つの手段でしょう。最近はネットの発達で、評判のいい恋愛相談や占いを見つけるのも簡単になっています。障害の多い恋だからこそ燃えるという人もいるかもしれません。しかしやはり自分も他人も傷つけない道を探すのも大切でしょう。

辛い不倫のあるある

不倫の恋には辛いことが山盛りです。なにより辛いのは、相手が本当に自分を好きであるという確信が持てないことでしょう。本当に恋人が大切ならいつまでも不倫のままでいるはずもないのです。それがいつまでもパートナーをそのままにして、その一方で不倫を続けているのですから、本気を疑うのも当然です。そんな不倫の恋ならではのあるあるから、代表的なものをピックアップしてみました。

この中に自分も体験したことがあるものがあるようなら、みんな同じなんだなという気持ちで、ちょっとだけ楽になってください。思いつめずに自分の境遇を客観的に見ることで、新しい道が拓けることもあります。辛いけど、それだけじゃない恋。ズルズルと引きずり続けるか、どこかで終止符を打つか、決めるのはあなたです。

相手のスマホに登録されている自分の番号の名前が別人

愛する相手のスマホは気になるものですよね。不倫の恋愛中となればなおさらです。いけないと思いつつも相手のスマホを覗いてみたら、自分の番号のところに知らない名前が登録されていた。「ああ、この人にとって自分は隠さなきゃならない相手なんだ」と思ってしまう瞬間です。他人におおっぴらにできない関係であることをこれほどはっきりと理解できるものは他にないでしょう。

人が何かを隠すとき、それは見つかると恥ずかしいものであるか、見つかると自分に不利益であるかです。好きな相手にそんな風に思われているということを知るのは辛いですよね。もちろん相手には相手の言い分があるでしょう。いきなりバレるとパートナーと別れるときに不利になるからとか、そんな理由です。でも、隠している内は、何も前に進まないのです。もしかすると相手は、関係を先に進める気持ち自体がないのかもしれません。

妊娠していないか不安になる

2人の関係性がどうなるかはっきりしない内は子どもができるのが怖いというのは、不倫の恋では特にあるあるなのではないでしょうか。子どもが2人の仲を繋ぎ止める存在になるというのは身勝手な考え方ですが、よくあることでもあります。しかし、不倫の場合、それ以上に子どもが相手の負担になる場合がほとんどです。子どもができた途端に捨てられるという話もよく聞きますよね。もちろん相手が本気で、将来に渡って幸せな関係を続けたいというのなら、子どもができるのはむしろ歓迎するべきです。

でも、不倫の関係のなかで産まれてしまえば、その子どもはきっと不幸になります。それは自分自身についても同じです。もし、相手が、気軽な恋愛関係だけを望んで付き合っている場合、子どもは厄介事扱いされてしまうでしょう。相手がどう受け止めるのか、それ自体を知ることが辛いという気持ちになってもおかしくありません。少なくとも不倫関係の間は子どもは作るべきではないでしょう。

▼ おすすめ関連記事
不倫相手の子どもを妊娠!産む?おろす?知っておきたい考えるべきポイント

誰かに相談したいけど相談できない

不倫であるかどうかに関わらず、恋に悩みはつきもの。しかし普通は仲のいい人に相談したりして助言をもらうものですよね。その点不倫の恋の場合は親しい人にこそ相談しにくいという問題があります。不倫という行いが世間的に肯定されない行いだからです。相談したいけれど、相談したら軽蔑されてしまうかもしれない。そう思えばとても言えないと思ってしまいがちです。

そして結局自分1人で抱え込んで、ただ辛い想いをひたすら耐え忍ぶということになります。上のほうでも書きましたが、そういったときこそ、インターネット時代の恩恵である、評判のいい恋愛相談などを利用するといいでしょう。匿名で安心して専門家に意見を聞けるのは、精神的な負担を減らす役に立ちます。ただ話を聞いてもらうだけでも気持ちは全然違うはずです。1人で考えられることは限界があります。ときには他人に頼りましょう。

▼ おすすめ関連記事
不倫の悩みを相談したいけど…誰にも言えない悩みを話す相手の選び方

相手が今のパートナーと別れると言って数年経過

これは本当に不倫あるあるな話です。普通の恋だったのが不倫だったと気づいたときに陥りやすい事態でもあります。相手にパートナーがいると知って、不倫を嫌って恋愛相手に別れを切り出すと、たいていの場合、今のパートナーとは別れるからと言いだします。そしてそれで相手を信用して付き合いを続けて、離れられなくなっていくのです。結局のところこの言葉を言って本当に別れてくれる相手は滅多にいません。ある意味不倫を続けたいだけの相手の常套句と言っていいでしょう。

今のパートナーと別れて結婚してくれると約束して、1年以内に約束が果たされないようなら、その相手は不誠実な相手です。別れてしまっていいでしょう。そもそも誠実な相手なら最初にパートナーと別れてから付き合ってくれるはずです。どちらとも関係を続けて一挙両得を狙っているから言い訳しても別れないのです。このような相手との付き合いを続けると、人生をめちゃくちゃにされてしまいます。恋愛は不誠実な相手とするべきではありません。

▼ おすすめ関連記事
本気の不倫で相手が離婚しないのはなぜ?彼を不倫から離婚させる方法

辛いときにはいったん距離を置くことも大切

不倫の恋愛は気が休まることがありません。いつ別れを切り出されるか、いつ相手のパートナーがやってきて関係を責められるか、不安要素が多いからです。恋愛というのは往々にしてその最中には周りが見えなくなるものです。相手を好きという気持ちだけでいっぱいになって、その他のことがおろそかになるのです。不倫は恋愛の盲目性が顕著に現れた関係と言えるでしょう。

たとえ不倫と言われる関係でも、2人の間に強い絆があり、将来性があるのなら問題ありません。しかし、相手に誠意が見られず、将来に不安がある関係であるのなら、1度気持ちをリセットするために距離を置くのも1つのやり方です。2人だけの世界から少しだけ離れて冷静になることで、見えてくるものもあります。この恋は本当にあなたを幸せにするのか?不倫あるあるを数えながら、少しだけ考えてみましょう。

▼ おすすめ関連記事
実は不倫してます…意外と多い不倫している人の悩みの体験談

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.