1. HOME
  2. 音信不通元カレからメール連絡がこない!音信不通になりやすいメール内容や理由

音信不通

2017年04月25日

元カレからメール連絡がこない!音信不通になりやすいメール内容や理由


ラブレター

何かの行き違いがあって別れてしまったけど、元カレと連絡は取り合っていた。それが突然音信不通になってしまった。こんなときにまず考えるのはなぜ?ということでしょう。元は付き合っていた関係とは言え、すでに1度壊れてしまった間柄です。ちょっとしたことで問題が発生するのはむしろ当然と考えましょう。理由としては伝えられた言葉の取り違えや、元カレが過去を断ち切りたいと思っていた場合など、さまざまなことが考えられます。

もし元カレに未練があるのなら、決定的な決別状態にならないように注意が必要です。元カレとの連絡では、恋人同士であった当時と同じ感覚のやりとりは厳禁です。1度付き合いが解消されてしまった相手とのメールやメッセージ、電話などのやりとりはどのようにするべきか知っておきましょう。これだけは送ってはいけない言葉や、受け取った相手次第では不快感を感じさせてしまうメッセージなど、詳しく説明させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

元カレとのやりとりはデリケート

元カレとの連絡は極力気を使う必要があります。なぜなら相手にとってあなたはすでに別れた相手であり、関係を続けることにメリットを感じられない相手となっているからです。これはショックかもしれませんが、別れた時点で1度2人の関係はリセットされていると考えるべきです。もともとの2人の関係性に甘えていると、相手は愛想を尽かしてしまう可能性が高くなります。本来は愛情があって付き合っていた2人なのですから、きっかけがあればまた2人の間が元に戻るかも?と思うかもしれません。

しかし、可能性があったとしても、付き合えるという前提で行動することは危険です。別れたということは、別れるに足る理由がどちらかにあったということです。その理由が改善されない限りは、関係を元に戻すのはとてもむずかしいことと考えましょう。特に元カレから見たあなたに原因があった場合には、その傾向は強くなります。反省の色も見せないで平気で同じようにふるまっていると感じたら、本格的に愛想を尽かされてしまうのです。

元カレドン引きメールとは?

メールやメッセージなど文章で言葉を伝える媒体の場合は、特に内容を吟味するのは大切なことです。送ったほうの意図とは違う風に受け取られたり、軽い意味だったものが重い意味を持つものになったりすることがあるからです。また、一方的に送られてくる言葉は、愛情が通じ合っている間は補正が働いてどんな言葉でもうれしいものです。

しかし、愛情が薄れている場合にはうっとうしかったり、気が重くなったりすることもあります。その中でも元カレがドン引きしてしまうような内容を、具体例を挙げながら紹介します。間違ってもこのようなメールやメッセージを元カレに送らないようにしましょう。

あなたがいないと生きていけない

彼とよりを戻したいと思うあまり、「あなたがいないと生きていけない」というような言葉を送ってしまったりしてはいませんか?そこまで行かなくても、あなたがいないとつまらないなどのような、強く元カレを必要としている言葉を送りたいと思うことはないでしょうか?実はこのような言葉は、別れた相手にはときに脅迫じみて受け取られてしまうのです。今は別れて距離を置いている時期なのに、それを責められるようなことを言われていると感じてしまうのですね。

送ったほうの気持ちとしては、単に寂しさを伝えたいと思っただけかもしれません。しかし受け取ったほうからすれば、なんで傍にいてくれないのか?という詰問のように感じられる場合があるのです。特に相手に罪悪感があればあるほど、この手の相手に依存する言葉は重い印象を与えます。別れた相手に強い依存を伝えるのは絶対に避けましょう。

捨てるなんて酷い

これは喧嘩別れなどの場合に、つい送ってしまいがちな文面です。相手を酷いとなじる言葉ですね。このような言葉が送られて来たら、せっかく元カレが気持ちを落ち着けて冷静になっている場合でも、再び怒りを掻き立てられることがあります。なぜなら、喧嘩というものはだいたいにおいて一方的ではなく、お互いに言い分があるからです。あなたに言い分があるように、彼にも言い分があるのに、言い返すこともできないメールで一方的に責められる。

これは腹を立てても仕方がないでしょう。元カレとのやりとりで1番やってはいけないことが、仲違いの状況を蒸し返すことなのです。仲違いをして、いったん別れてしまったのなら、それは1度終わったことです。その話を蒸し返すたびに、相手は諍いをした当時の気分を思い出します。この手の話題は仲の修復を遅らせるだけで、何もいいことはありません。別れる原因になったことを蒸し返したり、相手に責任を求めたりしないようにしましょう。

他の相手と付き合っているんでしょう!

元カレに新しい彼女ができたらもう関係は元に戻らない。そういう焦りで、態度の冷たい元カレに新しい彼女の存在を追求する。よくあるパターンです。しかし、元カレからすれば、すでにあなたとは関係を切っているのです。その相手から自分の恋愛についてあれこれ言われる筋合いはありません。新しい相手がいるにしろいないにしろ、すでに関係のないと考えてる相手から、そのようなことで責められるいわれがないのです。

このような文面を送ってしまうと、うざいと思われて関係を完全に断ち切られる可能性があります。本当に関係を修復したいのなら、相手の気持ちに土足で踏み込むような言葉を送るのはやめましょう。別れた場合にはまた1から関係を築き上げて行くしかありません。別れたのにまだ彼女でいるような態度を取れば、たちまち嫌われてしまうと思っていいでしょう。

関係修復には時間が必要

別れた直後に相手との連絡が取れなくなってしまうのはよくあることです。お互いにある程度の冷却期間があったほうがいいので、別れた直後の音信普通はある意味必要なことでもあります。まだ気持ちの整理もついていないのに、別れた相手からしつこく連絡があれば、それを煩わしいと思ってしまうのは当然です。別れた彼氏との連絡は、最初は数週間ほど置いてからにしましょう。

その後、冷静な文面で、謝りの言葉か、相手を気遣う言葉を送るのがいいでしょう。ただし、言葉を送るタイミングについては、人それぞれの関係性や、別れた理由などで細かく変化します。とてもデリケートな問題なので、自分で判断できない場合には、恋愛などに詳しい相手に相談したりすると決断しやすいと思います。くれぐれも相手に対して謝罪を含めて、何かを要求するようなメールやメッセージなどを送ったりしないようにしましょう。

音信不通になってしまったら

元カレと全く連絡が取れない状態になってしまった場合には、焦らずに相手からの連絡を待つべきときもあります。少なくともひと月前後は様子を見ましょう。それでも連絡が来ないようなら、相手の立ち寄りそうなところで出待ちをするという手段もあります。ただし、あまりしつこいとストーカー認定されてしまうので、1度会って拒絶された場合は、繰り返したりはしないようにしましょう。

そもそも嫌がられている場合は、しつこいとかえって嫌われてしまいます。うまく会えた際には、相手を責めたり、関係修復を迫ったりするようなことをしてはいけません。相手を気遣ったり、自分の間違っていたところを謝ったりと、自分を主張せずに相手の気持ちを優先することが大切です。自分の気持ちを押し付けると、相手は逃げてしまうと思ってください。

▼ おすすめ関連記事
音信不通の恋人と復縁したい!連絡がこない元彼と復縁する方法やきっかけ

▼ おすすめ関連記事
復縁したいときのメール内容&頻度!元カレや元カノへの復縁メールテクニック

▼ おすすめ関連記事
元カレからラインで連絡がこない!音信不通時の未読・既読スルーの心理

▼ おすすめ関連記事
音信不通で電話も着信拒否!連絡がこない元カレとやり直したいとき

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.