1. HOME
  2. 復縁復縁に効果的な手紙の書き方や内容!逆効果にならないよう注意しよう

復縁

2017年04月26日

復縁に効果的な手紙の書き方や内容!逆効果にならないよう注意しよう


うさぎと手紙

復縁に手紙が効果的だと言われていますが、手紙にはどのようなことを書けばよいのでしょうか。また、復縁に効果的な書き方や内容についてご紹介していきましょう。

復縁に手紙が効果的な理由

元カレからの印象を少しでも良くするため

人は、最後に接点を持った時の相手の印象を引きずります。元カレと別れたときの印象が悪ければ、元カレの中ではあなたに対して良い印象が残りません。別れ話のときは特に、情緒不安定になったり混乱やパニックを起こしてしまいがちですよね。その結果、元カレを責めてしまったり、しつこくしてしまったりするケースも多く見られます。

最後に悪い印象を植え付けてしまうと、「もう二度と会いたくない」、「連絡も取りたくない」と思われてしまい、別れた後、接点を持つことが難しくなってしまいます。復縁をしたいのであれば、最後の印象を良くしておきましょう。喧嘩が別れの原因だったとしても、感謝と謝罪を込めた手紙を送ることで、元カレからの印象を良くすることができますよ。

振った罪悪感を軽減するため

罪悪感は「気まずさ」に変化します。誰でも、気まずさを感じる相手とは接点を持たないようにしてしまうものですよね。元カレはあなたを振った罪悪感や傷つけた罪悪感を持っている可能性があります。その罪悪感が気まずさに変化すると、今後接点を持ちにくくなり、復縁への大きな障害になってしまいます。別れ際、もしくは別れた直後に手紙で感謝の気持ちを伝えれば、彼の罪悪感を最小限に抑えることができるでしょう。

相手と対等の立場に立つため

振った人と振られた人、どちらが優位な立場かわかりますよね。当然、振った人の方が優位です。振られた方は、辛さや怒りから相手を責めてしまったり、しつこくすがったりしてしまいがちです。しかしそれでは相手と対等の立場に立つことはできません。大好きなカレから別れを告げられたとき、相手に不快感を与えず、相手と対等の立場に立つには、別れを受け入れた上で感謝の言葉を伝えるのが効果的です。振られて辛い状況の中で相手に感謝の気持ちを伝えるなんて、普通はできませんよね。それを敢えてすることで、あなたに余裕や強さがあることをアピールすることができます。

手紙の内容

謝罪

あなたが元カレと別れてしまった理由は何ですか?元カレがあなたに対して嫌だと感じている部分や別れの理由が具体的にわかる場合には、それについてまず謝罪をしましょう。別れた理由や元カレの性格、別れた後の関係性などによって異なる部分はありますが、基本的には「別れの原因になった自らの中にある理由」、「その理由によって元カレをどういう気持ちにさせたか」、「それに対しての謝罪」という流れになります。元カレがよほど怒っていない限り、謝罪の部分はあまり長く書く必要はありません。

感謝

感謝を伝えることは、復縁に効果的な手紙においてとても重要なことあり、謝罪の部分よりもしっかりと書く必要があります。元カレがしてくれたことや付き合ってくれたことに対する感謝、素敵な思い出を作ってくれたことに対する感謝の気持ちをしっかりと書きましょう。「ありがとう」だけでなく「嬉しかった」、「幸せだった」などの言葉も入れ、読んでいると心が温かくなるよう、読み終わった後に切ない気持ちになるよう工夫すると効果的です。

手紙を書くポイント

なるべく短く

手紙を書く際に重要なのは、読み手の事を考えて構成することです。嫌になって別れた相手から、何枚にも亘る長い手紙を貰ったら、ちょっと怖いですよね。気持ち悪い、しつこい、と思われてしまいます。読むこと自体が苦痛になり読んでもらえない可能性もあります。伝えたいことはたくさんあるかもしれませんが、手紙はできるだけ短く簡潔にまとめましょう。復縁に効果的な手紙の書き方や内容!逆効果にならないよう注意しよう

重たさを感じさせないように

別れた後、復縁したいあなたの気持ちと、別れてスッキリしている元カレの気持ちには温度差があります。手紙に未練を書き込んでしまうと、読んでいる元カレも重たい気持ちになってしまいます。そもそも手紙は一方的なものであり、手紙そのものの存在に重みがあります。ですから、書く内容はできるだけ重たさを感じさせないような内容にしましょう。上でも少し触れましたが、読んでいて心が温かくなるような内容にするのがおすすめです。最後は「今までありがとう」など明るい言葉で締めてくださいね。

未練を感じさせない

復縁を迫ると面倒くさがられてしまう可能性があります。自分に未練があると感じた途端、距離を置こうとする人も少なくありません。別れた後も彼と接点を持ちやすくするために手紙を書くのですから、未練を感じさせるような内容、復縁を迫るような内容は避けた方が良いでしょう。

良い思い出を一つだけサラッと

短い手紙の中に、一つだけ二人で楽しんだ思い出を入れてみましょう。彼にとっても印象深かったと思われる思い出を選んでください。「○○に行ったのが楽しかったね」と書く程度で良いでしょう。いくつも書いたり、それに関してダラダラ書いてしまうと、しつこさを感じさせてしまいます。復縁を迫られていると警戒されてしまう可能性があります。楽しかった記憶を一瞬でも思い出してもらうことが大切ですので、一つだけ、サラッと入れるのがポイントです。

手紙を送る(渡す)タイミング

別れた直後

別れ話をされたとき、縋らずに別れを受け入れることができた場合は、別れた直後でも手紙を渡すことができます。借りたままになっているもの、元カレがあなたの部屋において行った荷物などがあれば、「○○を返したいから」という理由で、会う約束をしましょう。その時に相手との関係が険悪でなければ「最後に少し散歩しない?」などと誘い、今までと同じように穏やかな時間を過ごします。そして別れ際に、返す予定だったものと一緒に手紙を渡しましょう。

返すものがない場合は、「渡したいものがあるから少しだけ会えないかな」と連絡をしてみてください。元カレがあなたに会うことをためらっているような場合は、「渡したらすぐに帰るから」と伝え、手紙だけ渡してすぐに帰るようにしましょう。
手紙を渡した後は、冷却期間に入ります。自分から何かアクションを起こす必要はありません。

冷却期間を置いた方が良いケース

別れを告げられた時に縋って泣いたり、別れた後もしつこく復縁を迫ったりした場合、元カレは、あなたが復縁を迫ってくるかもしれないと警戒心を持っています。そんな時期に手紙を渡しても、読んでもらえるはずがありませんよね。むしろ拒絶され、悪印象が強くなるだけです。そういった場合は、手紙を渡す前に冷却期間を置く必要があります。最低でも2~3ヶ月間は元カレとの接触を完全に絶ってください。

時間が経ち、元カレの感情が落ち着いた頃から徐々に連絡を取り始め、まずは友達になりましょう。当たり前のように連絡を取り合ったり、2人きりで会える関係を築きます。復縁の手紙を渡すのは、自分への好意を感じられるようになったとき、つまり復縁の直前になります。冷却期間を空けてすぐに手紙を渡しても、一方的な気持ちの押しつけでしかありません。別れた直後に手紙を渡せなかった場合、次に手紙が効果を発揮するタイミングは「復縁の直前」だと頭に入れておきましょう。

▼ おすすめ関連記事
復縁の冷却期間はどれくらい?復縁までにかかる期間の平均や可能性

復縁を諦める直前でも

復縁を目指して努力している人の中でも、復縁を諦めてしまう人もいます。復縁を諦める決意をしたら、最後に自分の気持ちをすべて伝えましょう。これまで言いたくても言えなかった想いや新たな恋愛に向かっていく決意を手紙にしても良いでしょう。素直な気持ちを全て伝えることができれば、スッキリとした気持ちで新しい恋に目を向けることができますよ。最後の手紙で復縁というパターンも実は意外と多くありますので、最後の最後まで、わずかな望みでも捨てないようにしましょう。この場合のみ、電話でもラインでも構いません。

最後に

手紙は効果的でもありますが、書き方や渡すタイミングを間違うと復縁が遠ざかるだけでなく、復縁が不可能な状態になってしまうこともあります。メールや電話と違って、チャンスは一度のみと考えておいた方が良いでしょう。慎重にならないといけないため、できれば誰かに相談した方が良いでしょう。仲の良い友達でも構いません。もし相談できる人がいないようであれば、電話相談サイトを利用してみるのも一つの方法です。復縁に手紙を利用する場合は、冷静に自分を保ち、的確な内容と冷静な判断が必要となりますよ。一人で抱え込んでも何も解決しませんので、必ず誰かに相談してくださいね。

▼ おすすめ関連記事
復縁したいときのメール内容&頻度!元カレや元カノへの復縁メールテクニック

▼ おすすめ関連記事
元彼・元カノと復縁したいとき電話してもいい?内容やタイミングなどの注意点

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.