1. HOME
  2. 復縁復縁に失敗してしまった…失敗する理由と諦めたくないときのその後の対処法

復縁

2017年04月12日

復縁に失敗してしまった…失敗する理由と諦めたくないときのその後の対処法


灯りを見つめる女性

復縁というのは簡単なことではありません。元は恋人同士だったのだから、きっかけさえあれば元の鞘に収まるのは簡単だろうと思う人もいるかもしれません。しかし実際には復縁はとてもむずかしいものです。人と人の縁というのはある意味タイミングです。

このタイミングが合わなければものごとはうまく運びません。そのため、意気込んで頑張ったけど復縁に失敗したということはよく起こります。そこで諦めるのならそれまでの縁だったということです。しかし、逆に諦めないのなら、まだまだ復縁の可能性があります。よほど決定的な別れ方でない限り、1度は通じ合っていた気持ちが再びつながる可能性はあるのです。

ただし、肝心のタイミングの見極めを間違えると、復縁までの道のりはどんどん厳しくなっていきます。タイミングの見極めは、当人同士ではかえって難しい場合もあります。だからこそ、ある意味失敗こそがチャンスとも言えるのです。失敗したならその失敗の理由を理解して、対策を立てていく、その地道な努力が大切です。

復縁は失敗しやすい

復縁が難しいのは、別れた理由にもありますが、お互いに別れたという事実が足を引っ張るからでもあります。中には穏やかな自然消滅で別れた人もいるでしょう。しかし多くの場合、別れる際にはお互いを傷つけあって別れてしまったということが多いのです。

そうなるとお互いに対する罪悪感があって、相手との接触に臆病になってしまいがちです。そんな状態で連絡を取り合っても、なんとなくギクシャクして、その相手の態度で「これはもう駄目なんだな」と、考えてしまいます。心のすれ違い、負の連鎖と言われるものができあがってしまうのです。

復縁を成功させるために大切なのは、お互いの大きな変化であり、気持ちの切り替えです。しかし、恋愛におけるトラウマというのは、なかなか癒やされないものです。どうしてもある程度の時間が必要となります。お互いの心の状態は目で見ることはできません。そのため、ちょうどいいタイミングを図るのがむずかしくて復縁を成功させにくくなってしまうのです。

よくある失敗理由

復縁が失敗してしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか?失敗してしまったという人は1度自分を冷静に見つめ直す必要があります。しかし反省しすぎて自信を失っても意味がありません。失敗というのは成功の母と呼ばれるように、成功につなげるためのたたき台でもあります。多くの成功の影にはそれに何倍もする失敗が必要です。最初から何もかもがうまくいくほうがめったにないことなのです。

1度の失敗で諦めてしまうのなら、それは最初から必要のなかった縁ということです。諦められる相手ならいっそ諦めたほうがいいでしょう。しかし本当に相手との復縁を望むのなら、失敗したら、その失敗から学ぶというのが正しい対処方法と言えます。復縁に失敗したのはなぜなのか、そして、成功させるために足りないものは何なのか、自分と相手の気持ちを理解しようとする努力が必要です。

焦りすぎ

復縁でもっとも失敗しやすいのが焦りによる行動です。別れた直後に何度もメールを送ったり、電話をしたり、押しかけたりと、焦った行動が相手に引かれてしまうということがあります。別れた直後はまだまだ気持ちが整理されていないので、そこで猛プッシュをされると自分の気持ちを無視されているように感じてしまいます。別れた直後には少しクールタイムを置きましょう。復縁に焦りは禁物です。

気持ちが落ち着いたころに、1度連絡を入れて、自分が元気であること、相手も元気かどうかなど、軽い挨拶で様子を伺うなどしましょう。いきなり復縁を持ち出してもまず失敗すると思っていいでしょう。最初の歩み寄りはゆっくりと、それから徐々に近づく感じです。復縁を考えるのは、知人から始めて、仲の良い友人ぐらいまで近づいてからの話です。

別れた理由が解消されてない

そもそもの別れた理由が解消されていないなら、復縁は決してうまくいきません。性格の不一致なのか、何か許せない行動があったのか、生活態度の問題なのか、それが理解できていないと先に進むことはできません。まずは冷静にお互いの合わない部分を考えて、必要がある部分は変えていくという覚悟が必要です。悪いのは自分なのか、相手なのかを理解して、自分が変わればいいのならまだ楽だと思ってください。

相手側に問題がある場合には、相手のその問題のある部分を受け入れる覚悟がないと復縁はうまくいきません。なんといっても他人を変えさせることはできないからです。自分ならがんばって意識して変わることもできるでしょう。だから自分に問題があって別れた場合のほうが楽なのです。

まずは問題を解決してから、相手に問題が解決したことをアピールしましょう。ただ、自分の問題点が自分でわかるのなら最初から別れるような事態に陥ってはいないということもあります。問題点がわからないときには、恋愛や復縁の専門家やアドバイザーなどを頼ってみてもいいでしょう。

復縁を諦めたくないなら

最初に言いましたが、失敗したとしても諦めない限りは復縁の可能性はあります。相手が次の相手を見つけて、結婚してしまったというならもうどうにもなりませんが、それ以外なら希望はあると思っていいでしょう。大切なのは、なぜ失敗したのかを理解することです。

失敗したのに同じようなアプローチで復縁を迫っていては、また失敗するしかありません。大切なのは失敗から学ぶことです。しつこくSNSでメッセージを送ってブロックされたり、メールの返事をもらえなかったりという場合には、送ったタイミングや送った言葉に問題があった可能性があります。自分で問題点を洗い出せない場合には、第3者を頼ってもいいでしょう。

自分の問題点は自分自身ではなかなか気づきにくいものです。誰かに相談をしながらでも、失敗を糧に少しずつでも自分を進化させていってください。その変化を相手が気づいてくれたなら、相手も別れたときの気持ちから変化して、復縁に気持ちが向く可能性が上がるでしょう。失敗しても諦めないなら、同じ過ちは繰り返さないということを学ぶ必要があるのです。

▼ おすすめ関連記事
復縁をしたい理由は?恋人との復縁がうまくいかなくて辛いときに考えたいコト

▼ おすすめ関連記事
復縁しやすい時期やタイミングって?元カノ・元カレとヨリを戻したいなら

▼ おすすめ関連記事
復縁できる人の特徴って?元恋人とやり直せる人の考え方を知っておこう

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.