1. HOME
  2. 復縁復縁したい恋人への告白方法!タイミングの見極め方や言葉・台詞選び

復縁

2017年04月13日

復縁したい恋人への告白方法!タイミングの見極め方や言葉・台詞選び


告白する女性

どんなものにもタイミングというものがあります。別れた恋人とやりなおしたい場合には、特にこのタイミングがとても重要です。別れたということは少なくとも片方には深いわだかまりがあるということなのですから、簡単にはいきません。2人の間に溝がある状態が解除されないまま復縁をしようと思っても、うまくいかないのは当然と言えます。憤りが薄れて、気持ちが落ち着いたころに、満を持して告白をする必要があります。

お互いの気持ちが復縁へと向かっている状態なら、きっとうまくいくでしょう。ただし、このタイミングの見極めはとても大変です。なにしろ自分ではない相手の心の状態を確認しなければなりません。別れた相手と復縁したいという人の中には、相手に無理に迫って結果的に別れた直後よりも深い溝を作ってしまうという人がよくいます。そんな絶望的な状態にしないためには、きちんとタイミングを見計らって、ゆっくりと相手の心を復縁へと向けるようにする必要があるのです。

タイミングを間違うとできるはずの復縁もご破産に

1度別れてしまった恋人同士にはどうしてもわだかまりがあります。特に復縁を望まない側には何か許せないものが心の中にあるはずです。そんな状態のときにしつこく復縁を求めたら、相手の嫌い度は上昇するばかり、やがて顔も見たくない、声も聞きたくないということになってしまいます。復縁にはタイミングがあるのです。自分が好きだから相手も自分を好きだろうというのは大きな間違いです。それなのに自分の気持ちだけを相手に押し付けてしまえば、決定的な別れにつながってしまいかねません。

もともと愛情を向けあった同士なのですから、本来は嫌いなだけの間柄であるはずがありません。復縁を願うなら、愛情が蘇るタイミングを見定める必要があります。焦れば焦るだけ相手は逃げてしまい、嫌いな心を強めて破局を招いてしまいます。人と人の間の絆を強めるには、お互いに相手の心を思いやることが必要です。それができない人間は見限られてしまっても仕方がないと理解しましょう。

別れた際の状況を確認する

復縁で大切なのは、別れた際の状況です。どのような形で別れたのかによって復縁の方法が変わってきます。一方的に振られたのか、お互いに会わなくなって自然消滅したのか、ケンカ別れしたのか、それらの状況によって2人の気持ちも違うはずです。どの場合でも共通しているのが、別れた直後には復縁はしにくいということでしょう。別れた際の事情を解決するか、お互いの気持ちが落ち着いて、気持ちを切り替えることができるようになるのを待つのがタイミングとしては間違いのないところでしょう。

別れて時間が経過すると相手に新しい恋人が出来てしまう可能性があるので焦る気持ちは理解できます。復縁したいという人はそれがわかっているからこそ、少しでも早くまた恋人同士に戻りたいという気持ちが強いという気持ちもあるでしょう。しかし、復縁をすぐに行えるのは、なんとなく会わなくなって自然消滅したなどの、お互いに全く遺恨のない場合ぐらいなのです。まずは別れたときの気持ちが変化する必要があります。

▼ おすすめ関連記事
いい別れ方で復縁の可能性が変わる!相手とやり直せる確率が高い別れ方

相手の気持ちが落ち着くのを待つ

タイミングを待つと言っても、だいたいの目安が必要でしょう。別れの際の状況などは自分達しかわからないので、その判断である程度の冷却期間は前後しますが、最低でも半年は待ったほうがいいようです。この期間を長いと思ってしまう人が大半でしょうが、これは最低でもと言った通り、場合によっては年単位の冷却期間がないと、復縁は難しい場合もあります。焦ってどうしても早く関係を回復したいと思うかもしれません。

しかし1度別れたという事実はそう軽いことではないのです。1度はもう一緒にいることはできないと判断されたということなのですから、本来ならもう2度と付き合えないということになります。その前提がある上で復縁をしたいというのは、不可能を可能とするぐらいの気持ちで挑む必要があります。

そのためには相手の気持ちが受け入れる状態になっていなければ、決して成功することはありません。このタイミングを見計らうのが自分自身の判断では難しいと思います。恋愛に詳しいアドバイザーなどに相談して、時期を上手に計って接触するようにしましょう。

▼ おすすめ関連記事
復縁しやすい時期やタイミングって?元カノ・元カレとヨリを戻したいなら

復縁の言葉・台詞

復縁のための言葉で大切なのは、あまり強い言葉を使わないということです。そして告白のタイミングは、ある程度親密になってからになります。別れたままの状態からいきなり告白してもまず成功しません。気軽な友達のような関係まで距離を詰めてから、相手の負担にならない告白の仕方をするのがベストと言えます。

別れてからある程度の時間を置いて、懐かしくなって連絡を取ってみた、久しぶりに声が聞きたくなったなどという感じで、まずは友人関係を構築しましょう。そして2人きりで会ってくれるぐらいの信頼関係が新しく作れたら、ゆっくりと間を縮めて行くのです。飢えた獣のようにいきなり「復縁したい!」などと迫ったら、逆に逃げられてしまうと思ってください。この例に挙げたものだけでなく、相手に2人でいるのもいいかな?と思わせるような言葉を選んで、関係を構築しましょう。

君が好きだからまた付き合えたら幸せかも

2人でいて、ロマンチックな気分になったときにさりげなく言ってみましょう。相手の気持ちを聞くのではなく、自分の気持ちを告げて、こうなったらないいなという希望を提示します。相手に決断を迫るような真似をしてはいけません。相手からは自分を大切にしてくれていると思ってもらえるように、やさしく、逃げ場のあるような告白をするのが大切です。

相手の気持ちがまだ復縁に傾いていない場合は「まだ無理かな」などと返ってくるかもしれません。そんなときでも「どうして?」などと責めるようなことを言ってはいけません。「そっか、ごめんね」というように、相手の気持ちを尊重してあげましょう。まずはこの台詞が言えるぐらい距離を縮めることができたら成功と思って、後は時間を掛けて相手の気持ちが傾くのを待ちましょう。

このまま付き合っちゃおうか?

2人で映画を観たり、イベントに行ったり、テーマパークに行ったりと、恋人同士のような行動をしたときに、冗談のようにさりげなく言ってみてください。あくまでも軽いノリが大切です。もし相手にも復縁の気持ちがある場合には「いいね!」のような肯定的な答えが返ってくるはずです。そうしたら「やった!」という感じで、明るく付き合い宣言をしてしまいましょう。

もし「ちょっとそういうのは駄目かな」などと言われてしまっても、怒ったりしてはいけません。とりあえず恋人同士に近い距離感には近づけているのですから、もう少し気持ちが近づくのを待つだけです。「ざんね~ん」などという感じで、自分も軽く流して、次の機会を待って告白しましょう。とにかく距離感を保つ努力をがんばってください。

今ならもっと素敵な恋ができるかもね

再会して、2人の雰囲気が変わっていたときに使ってみてください。この台詞は2人のどちらかが、あるいは両方が変わったときに使う告白の言葉です。さらに自分は昔と違うということをアピールする意味もあります。相手も同じ気持ちだった場合にはOKが貰える可能性があります。しかし、相手はそう思ってない場合には否定的な言葉が返ってくるでしょう。そのときには、このタイミングでの復縁は諦めて、仲の良い友人になる努力をしましょう。

昔の自分とは違うということを理解してもらうことが大切なので、無理に付き合いを迫ることだけはしないようにしてください。時間が経って自分の悪かったと思われるところを直したと自覚できたら、会って話す機会を多く作れば相手もあなたの変化に気づくはずです。相手がその変化を好ましいと思ってくれるなら、復縁も難しくはありません。

▼ おすすめ関連記事
復縁したい元彼・元カノとのデートのポイント!誘い方や場所、服装選びのコツ

▼ おすすめ関連記事
復縁できる方法は?どうしても絶対に恋人と復縁したい時の復縁の仕方のコツ

▼ おすすめ関連記事
恋人との復縁のきっかけは?元カレ・元カノとヨリを戻すきっかけのパターン

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.