1. HOME
  2. 復縁別れた元妻と復縁したい!離婚後によりを戻して再婚するための方法とポイント

復縁

2017年04月11日

別れた元妻と復縁したい!離婚後によりを戻して再婚するための方法とポイント


2つの結婚指輪

結婚や離婚は人生の節目になることもあり、大きなエネルギーを消費することもあるでしょう。そのため、ただ別れた恋人どうしの復縁よりも、離婚した場合の復縁はエネルギーを消費した分、ハードルが上がってしまうこともあります。結婚や離婚は、自分たちだけでなく周りの家族も関係する事柄となりますので、周りへの配慮も考えなければいけない場合がありますね。もう一度同じ人と結婚をする、というのは大きな決断にもなりますので、元妻の気持ちをよく考えながら上手に進めていきましょう。

復縁したい理由を明確にしよう

まずは、どうして再婚したいのか、復縁したいのかを明確にしておきましょう。復縁したいと感じるきっかけは、さみしい、一人の生活になったらつらかった、離れてみて妻の存在の大きさに気付いた、子供と一緒に家族そろって暮らしていきたいなど、人それぞれにあります。ですが、その場の感情にまかせてただ闇雲に復縁を迫るだけでは、相手の心を動かせないことも。

また自分の気持ちの整理ができていないままだと、復縁後の生活を円滑に進められない場合もあります。まずは、元妻にきちんと自分の気持ちを伝えて復縁を考えてもらえるように、自分の中で復縁の理由をよく考えて整理しておくと良いでしょう。

離婚の原因の解決をしっかりと行う

離婚からの復縁の際には、元通りになることだけを望まないこともポイントです。ただ元のように、というだけでは、また同じことの繰り返しになるのでは? と相手に思わせてしまうこともあるでしょう。

そのため、離婚の原因はきちんと見極めておくようにしましょう。離婚の原因となった根本的なトラブルの解決ができていないと、復縁が難しくなったり、成功後も再び離婚につながったりする可能性がありますので注意が必要です。女性の目線に立って物事を見ることも意識しながら、元妻としっかりと話し合う時間を設けてみるのも良いですね。原因が見えてきたら、解決するためにはどうすれば良いのか、ということを具体的に考えておきましょう。

壊れてしまった関係の修復

壊れてしまった関係の修復は、複雑な部分もあり、個々の状況に合わせて検討していく必要もあります。根本的な原因が自分にあるのか、相手にあるのか、によってもアプローチは変わってきますので、客観的に見て自分の立場を意識しながら行動を考えてみましょう。

主に自分に原因があり離婚に至った場合には、相手の信頼を取り戻すことも大切です。失った信頼を取り戻すのは難しい部分もありますので、長い目で見ながら少しずつアピールしていくのも良いですね。見せかけだけではなく、自分自身に対してきちんと責任を持ち、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。また、元妻に原因があると思っている時には、相手を許せるかどうかもカギになります。相手に変わってもらう、というのは難しいこともありますので、自分が変われるかどうかを検討してみると良いでしょう。

焦らず、時には誰かに相談を

復縁を伝える時には、気持ちを押し付けるだけでなく、相手の心に届く気持ちの伝え方を探してみましょう。相手を責めるような言い方をしたりするのは逆効果です。一歩下がって、元妻の気持ちを理解することに集中してみるのも良いですね。焦らず、相手に考える余裕を与えながら、いきなりまた夫婦に戻ろうと思わずに、新しい生活に意識を持つこともポイントです。

上手くいかない時に一人で考え続けていると、どんどんつらくなってしまうことも。そんな時には、信頼できる友達や家族に相談して新しい意見を取り入れることも役立ちます。電話占いなどのように、客観的にアドバイスをしてくれるサービスを利用する方法もありますので、いろいろな相談の仕方を考えてみましょう。

▼ おすすめ関連記事
復縁の恋愛相談は誰にする?復縁したいときの相談相手の選び方のポイント

▼ おすすめ関連記事
離婚に後悔して復縁したい!気になる復縁率や離婚から再婚までの期間とは

▼ おすすめ関連記事
離婚調停で復縁できる可能性はある?離婚調停で夫や妻と復縁する方法

▼ おすすめ関連記事
別居から復縁できる?別居の修復期間のとりかたや長さと復縁する方法

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.