1. HOME
  2. 復縁別れてすぐ復縁できる?一週間後や半年後など別れた期間別の復縁のコツ

復縁

2017年04月04日

別れてすぐ復縁できる?一週間後や半年後など別れた期間別の復縁のコツ


失恋した女性

恋人と復縁したいという場合、一般的には冷却期間を置くことがよいとされています。しかし長期間に渡る冷却期間となってしまうと、彼と会うことも、連絡もとることもできずに寂しさが募り、また彼の新しい恋人の存在なども心配となってしまうでしょう。しかし、別れ方によっては一週間ほどの冷却期間でも復縁できるケースがあるのはご存知でしょうか?今回は、別れた後の期間別にみる復縁までのテクニックについて考えていきたいと思います。

別れてから一週間で復縁できるの?

「彼と復縁したい!」と思い立ったら、一日でも早く行動に移りたいところですよね。しかし、その感情のままに再会を果たしたとしても、必ずしも復縁が実るとは限らないのが現実なのです。そこで、一週間ほどの短期間で復縁を目指す場合には、第一のポイントとして恋人との別れの経緯を把握しておく必要があります。

一週間で復縁できる別れ方とは

もちろん一概にはいえませんが、復縁まで一週間ほどの冷却期間でOKとなる別れ方には、以下のような例があります。

些細な理由でケンカ別れをしてしまった

ケンカが原因で別れることになってしまったケースはとても多いのですが、まずは、ケンカの理由を振り返り、それが些細な理由であると判断できれば、早い期間での仲直り、そして復縁へのはたらきかけをしていくことをおすすめします。ただし、この「些細な理由」については、相手も同様の気持ちを持っていることが必要となります。

あなたから別れを切り出した

あなた自身から「別れたい」と伝えた後、「やっぱりあんなこと言わなきゃよかった…」と後悔した経験はありませんか?このケースで、彼があなたにフラれて悲しんでいた、という場合には、すぐにでも復縁できる可能性が高いでしょう。

別れたけど、彼の方から連絡がくる

別れたにも関わらず、彼の方から電話がかかってきたり、メールなどが頻繁に送られてくる、ということはありませんか?このようなケースでは、彼の方もあなたと別れたことを後悔している可能性があるため、また元のように恋人同士として戻ることができるかもしれません。

▼ おすすめ関連記事
いい別れ方で復縁の可能性が変わる!相手とやり直せる確率が高い別れ方

一週間で復縁するためのコツ

直接伝えよう

別れてから短期間であった場合、電話やメールなどで、手っ取り早く「またヨリを戻そうよ」というように済ましてしまおうと思いがちですが、この行動はあまりおすすめできません。「復縁をしたい」「彼とまた楽しく過ごしたい」という気持ちをしっかりと伝えるためにも、直接再会してから実行に移すことが望ましいでしょう。

自身の欠点を認め、相手への気持ちをしっかりと伝えて

どうして別れることになってしまったのか振り返ることはもちろん、あなた自身のどこが悪かったのか、そして今後は悪かったところを改善していく、という意思を彼にしっかりと伝えていくことがポイントとなります。また、彼があなた自身にどれほど必要な存在なのか、彼が好きだという気持ちをストレートに伝えていくことも大切です。自身の短所を見直し、素直な気持ちをそのまま伝えていくことが復縁には必要であると考えます。

別れからの期間について、これまでは短期間(1週間)でも復縁が可能なケースをご紹介して参りました。次項からは、さらに長い期間(3ヶ月~半年)が必要なケースにおいて、その際に復縁するための方法について考えていきたいと思います。

別れてから半年で復縁するには

なぜ長い冷却期間が必要なの?

あなたがフラれてしまったケースなど、別れ方によっては3ヶ月から半年ほどの冷却期間があった方がよいとされています。その理由として、別れの時点での彼の心理を推測してみましょう。すると、彼のあなたに対する愛情は現時点では薄いものと想像できますし、残念ながらマイナスなイメージばかりが先行しているといってもよいでしょう。

しかし長い冷却期間を置けば、つき合っていた頃の悪いイメージは次第に払拭されていくといわれており、二人で過ごした時の良い思い出だけが心の中に残るとされているのです。そのタイミングをみてから連絡をとることが、復縁の成功のカギであるといわれています。

復縁までに実行したいこと

彼との接触は避ける

大好きな彼との連絡を絶つことは非常に辛いことですが、復縁へのはたらきかけを行うまでは、直接会うことはもちろん、電話やメールなども控えるようにすることが大切です。冷却期間を待たずに行動を起こしてしまうと、あなたへの悪い印象が再度蘇ってしまう可能性があり、また振り出しに戻ってしまうことにもなり兼ねません。目安として、3ヶ月から半年は我慢することが必要となるでしょう。

自分磨きをしよう

彼に会えない期間を利用して、「自分磨き」をしていくことをおすすめします。外見、内面ともに「いい女」「彼好みの女」を目指し、努力していくことが今後にプラスとなり得るはずです。

半年後に復縁するためのコツ

基本的には1週間での復縁と同様に、自身の短所を認めた上で、彼を想う気持ちを素直に伝えていくことが大切なこととなります。また半年が経ち、彼には当時の良い出来事だけが思い出される状態となっているはずですので、告白には自信を持って臨んでいくとよいでしょう。そしてさらに、自分磨きの成果によっては復縁の明暗が左右されることも考えられます。やはり、半年間の努力が成功までのポイントとなるのかもしれません。

まとめ

別れた期間別にみる復縁までのコツについて、一週間後、そして半年後を例にお伝えをして参りました。しかし、「この別れにはどの位の冷却期間が必要なの?」「彼の気持ちがわからないから何日経ってから連絡していいのかわからない」というような迷いが生じている方も多いのではないでしょうか。迷ったり不安が募るという場合には、一人で悩んでいてもなかなか解決するものではありません。素直な気持ちで相談できる相手を見つけることも、復縁を成功させるまでのポイントとなるのかもしれませんね。

▼ おすすめ関連記事
付き合って一ヶ月で別れた恋人と復縁したい!短期間でフラれた時の復縁方法

▼ おすすめ関連記事
復縁しやすい時期やタイミングって?元カノ・元カレとヨリを戻したいなら

▼ おすすめ関連記事
復縁の冷却期間はどれくらい?復縁までにかかる期間の平均や可能性

© 2020 電話占いnavi|口コミ人気で評判の電話占いサービス比較 All Rights Reserved.